設計・建築の流れ(住宅編)


用途・敷地・ご予算等 ご相談ください。

どのような建物をご希望なのか、建築は多義にわたります。
建築工法、法律、費用など多くの情報を処理せねばなりません。

「建築」の仕組み、建築の発注の仕方等ご説明 致します。

まずは無料相談です。


まずは、一緒に建築見学を致します。

実際に建築した物件。外観・内装について また、気になる物件、実際の
建物を見ながら 趣味・趣向を伺っていきます。
見学を通して、どんな建物に 感銘を受けられるか読み取ります。
その際に、工法・材料・価格などの疑問を全て聞いてください。
専門的にご説明致します。

住宅の場合 見学をしますと、家族同士の趣味が バラバラであることも
発見します。

実際の建物を見ながらの意見交換です。


事前調査です。

役所・法務局等を調査し、その土地の条件を把握しておきます。


基本設計

配置・平面・立面をご提案いたします。 S=1/100

見学を通し、施主の希望に沿った空間を組み合せ
計画案を提出いたします。 ご納得されるまで何案でも。
決定した案で
この計画案をすすめる 総額の資金計算をいたします。
建築費と付帯工事費がかかってきます。
外構・エアコン・カーテン等全ての想定費用をだします。

これにより、資金に無理のない計画をすすめていきます。


設計・監理契約を結んでいただきます。

基本設計が通った時点で 設計・監理契約を結んでいただきます。


実施設計

次はキッチン・浴室・洗面等 設備の見学です。
「見て、説明を聞いて」判断をしていただきます。

電気設備は、コンセント位置等の希望をうかがいます。
いろいろな建材も見学
設備見学の間に詳細な図面、実施設計図を書き進めていきます。
1日1枚を目安に書いていきます。週1回の打ち合せで
完成図を提示していきます。  40~50枚


見積り発注

施工会社様 3~5社に見積り発注いたします。
設計での適正価格をだすため、競争入札となります。


設計仕様変更

予算にあわせて設計仕様を変更したりし、希望金額にて施工会社様決定。
建築契約。


確認申請

行政機関に確認申請をだし審査していただきます。


工事着工

現場監理。
現場へ行き施工上の問題を解決、または適切な工事かどうか、
設計図を基に監理致します。
工事進捗の前に 外装・内装材等の実物見本を提示し、決定していきます。
イメージがわきにくければ、見学をもします。


完成

行政機関に完了検査をしていただきます。


施主の完成検査。


設備機器等の取り扱い説明。

引渡し、引越し。


設計・現場監理業務 終了。


完成後、1年点検に伺います。

以後のメンテナンス相談