長良川鵜飼

1300年以上の歴史をもつ

長良川鵜飼の船にも和釘が使われて

きました。

船 棚板(側板)に 船釘(和釘)を

打ち込み、埋め木してあります。

'    L=231mm        L=152mm

船釘=新潟県三条市製。

 

長良川鵜飼は、

皇室御用の鵜飼。

「御料鵜飼」でとれた鮎は、皇居へ納め

られるそうです。

戦国時代、織田信長が接待用に使った

そうです。

 

千年の釘 近況

まだ 見学できていませんが、

愛媛県松山市  道後温泉別館

飛鳥乃湯泉 エントランス木版壁画

に「千年の釘」を使用しての作品が

できたそうです。

出典=道後温泉別館 飛鳥乃湯泉HPより

 

名古屋城 天守閣木造復元にも

「千年の釘」 が使われるようで、

見積り 検討段階だと伺っております。

 

和釘の種類と使用箇所

 

和釘の種類です。上から

◆ 巻頭釘  (まきがしらくぎ)

◆ 皆折釘  (かいおれくぎ)

◆ 角頭釘  (かくあたまくぎ)

◆ 巻頭釘は床板を止めたりします。

姫路城・彦根城の床で見られます。

頭までしっかり打ち込みます。

◆ 皆折釘

長押など見えるところに使われる化粧釘

です。

◆ 角頭釘

完成後、隠れるところなどに使われます。

薬師寺では、垂木を止めたりしています。

錦帯橋

容易に打ち込めない場合、鍔鑿

(つばのみ)で ある程度穴をあけてから

打ち込むそうです。

鍔鑿(つばのみ)

 

平城京 大極殿で使われた大釘。

大斗・台輪、中柱を止めるところに使用され

ているそうです。